特定の宗教の信仰を持っていない方が選ぶ家族葬の種類

人は生きていて信仰する宗教がある人もいればない人もいます。信仰する宗教によって執り行われる葬儀のかたちも仏式、神式、キリスト式など様々です。多様化する価値観、宗教観がある中で、近年では故人や家族の想いを反映しやすい家族葬が増えてきています。

家族葬の種類の中で無宗教葬と言われる特徴のひとつが、僧侶などを呼ぶこともなく読経や説教もしないというスタイルです。お布施などの費用も抑えられ決まりがないのでいいことばかりのようですが、注意しなくてはならないこともあります。

故人自身が無宗教葬を望んでいたとしても菩提寺がありお墓があるようなら、生前から話し合いをしておきましょう。納骨時にトラブルが起きたり葬儀の取り直しをしなくてはならない事態になると困るからです。そして呼ぶ人を限定できる家族葬だからこそ、参加される家族や親族の理解を求めるということです。まだ一般的な認知度は低い種類の葬儀ですので、読経がないことなどへの戸惑いや厳しいご意見が出てくるケースがあります。後々トラブルにならないように故人の想いを伝えましょう。

宗教や慣習にしばられることがないので、好きな音楽やお花で祭壇をつくったり、自由な式次第で葬儀を行うことができるのが無宗教葬の魅力です。ただ自由に行える分、式の構成などをしっかりと組み立てていくことや周囲の方々の理解が必要になります。