思い出に残る家族葬の種類、ホテル葬

家族で行った思い出のホテルで、故人にかわって親しい人をおもてなししたい、故人の好きなレストランで想いを馳せたい、そんな考えがあり今レストランやホテルで行う家族葬の種類があります。

ホテル・レストラン葬とは火葬のあとの告別式の代わりに行う葬儀の種類です。レストランやホテルなので、家族葬、火葬をした後に行う骨葬のみ可能なところがほとんどです。日にちは火葬をした当日、また1週間前後、四十九日前後など家族で決めることができます。

メリットはホテルのスタッフの方が受付など丁寧な対応をしてくれるので、参列者とゆっくりと過ごせるということです。他にも好きな料理を選べる点、交通アクセスがよい立地のところが多数という点です。会場によっては映像・音響設備の充実したところもあります。

気を付けておきたいのが、どんなにこちらが望んでも遺骨の持ち込みができない会場があったり、人数と会場の広さの折り合いがつかない場合もあるということです。また一般的な告別式に比べホテルでの式は料理などの費用が高いということも忘れてはいけません。葬儀専門のスタッフではないため、質の高いサービスは期待できますが進行の部分は葬儀社にお願いしてもスムーズに執り行うことができます。