1日葬は様々な負担を減らす近年の家族葬の種類

高齢で長時間のお別れが体力的にも困難なご家族がいる方、親しい親戚が遠方にいて何日も泊りがけできてもらうのが困難、など様々な事情があり葬儀を1日にしたい方に選ばれている家族葬のひとつが1日葬です。

一般葬との大きな違いはお通夜がないことです。告別式と火葬を同じ日に行います。これにより高齢のご家族の身体的負担の軽減ができたり、遠方の親しい方が日程を調整して参列しやすくなるメリットあります。様々な種類の宗教に対応できるスタイルですが、菩提寺や希望する斎場の考えによっては葬儀が難しい場合があるので、事前に可能かどうか相談、確認しておくとよいでしょう。

費用面では式場によっては1日でも2日でも変わらないところも多くあるので会場費を一般葬と比べ大きく抑えることは期待しないほうがいいでしょう。ただお通夜を行わないので飲食の費用や遠方の方の宿泊費を抑えることが可能になります。

お通夜がないことにより日中仕事などで時間の都合がつかない方が最後のお別れができないということもありえます。しかし火葬のみだとゆっくりお別れができずしのびない、でも一般の葬儀よりも様々な負担を軽くしたい、1日葬はそんな想いを実現した家族葬の種類のひとつです。