家族葬が選ばれる理由とその種類

家族葬が選ばれる理由とその種類 様々なお別れのかたちがある中で、年々増えてきているのが家族葬です。家族葬といっても家族だけが行うものではなく、親しい方に人数を限定しゆっくりと故人とお別れをするのがコンセプトの葬儀です。一般葬と流れは変わりはありません。

一般の葬儀では家族の他に親戚や仕事関係、また近所や友人など人数も多くなりがちです。おもてなしや挨拶、作法など様々な対応によって故人や家族とゆっくりとお別れの時間がとれなかったという声も少なくありません。家族葬は故人、家族がどの方をどれだけお呼びするのか決めることができるので、様々な準備や対応に追われることが軽減され落ち着いたお別れができるメリットがあります。一方葬儀終了後に参列されなかった方が弔問に訪れる機会は増えます。故人の交友関係などを考慮しながらどこまで呼ぶのか決めるといいですね。

料理の種類や会葬返礼品、香典返しの有無も家族が選ぶことができます。香典を受け取らないから香典返しは必要ない、故人との思い出のお店の料理を用意したいなどこだわりを反映させることも可能です。費用面では人数を限定させることにより香典の総額は少なくなります。しかし料理やお返しの品物によっては一般葬よりも参列する人数が少ない分費用が抑えられる場合があります。

なにより家族葬には様々な種類があります。信仰している宗教がない方やお付き合いのある特定のお寺がない方、慣習の葬儀のスタイルがお別れのイメージとは違う家族などに選ばれているのが無宗教葬です。

お通夜を執り行わず、葬儀・告別式を1日で行う1日葬も近年新しくでてきた葬儀の形です。従来のスタイルにこだわらず自由な発想でプロデュースするのが自由葬です。故人が好きな音楽をCDで流したり生演奏をする音楽葬も自由葬のひとつです。音楽以外にも故人の趣味だったものを祭壇を設け飾ったり、故人のビデオを流すことも可能です。家族でよくいったホテルや故人が好きだったレストランで親しかった人をおもてなししたい、そんな想いを叶えるのがホテル・レストラン葬です。

最後のひとときを自宅で過ごす自宅葬もあります。入院生活が長かった、可愛がっているペットにもお別れをさせてあげたい、思い出の空間でみんなで過ごしたい方に選ばれています。ガーデニングが趣味だった方やバーベキューが好きだった方は思い出のお庭でガーデン葬を行うこともできます。故人の想いや家族の想いをかたちにした葬儀が自由に選べるのが家族葬の最大の魅力ではないでしょうか。

最新ニュース